チリ、ニュージランド、中国、ベトナム、南洋材の木材加工品、合板、梱包材、建築資材を扱う専門商社

株式会社ウッディ

  1. ホーム
  2. さくらめくり ~社活暦~

さくらめくり ~社活歴~ 桜井木材グループの年間活動の歳時記として

令和四年度 入社式

2022年4月1日、櫻井木材にて入社式を執り行いました。
本年もコロナ禍での開催となりましたので、最小人数・ソーシャルディスタンスの確保・マスク着用で実施しています。
コロナ禍での開催も本年で3回目...。早く元の形に戻ることを願うばかりです。



両社長から祝辞・活躍するためのコツと記念品が贈呈されています。



今年度は櫻井木材グループに3名の方を迎えました。
初々しい!

力強く堂々と誓いの言葉を述べてくれました。
初心を忘れずに、櫻井木材グループの一員として活躍されることを期待しています。
このご時世、なかなか社内行事の開催もままならず、最初は馴染むのに苦労するかもしれませんが、きっと諸先輩方がサポートしてくれるはずです!




櫻井木材グループの新たなメンバーにご期待ください。

就活中の学生に向けたメッセージ2022

当グループの入社2年目の社員より、就活中の学生の方に向けたメッセージが届きましたので、ご紹介します。

櫻井木材株式会社 営業部門 2021年入社

就活生のみなさん、こんにちは。私は2021年4月に入社しました。もう一年経ったのだと本文を書きながら驚愕しています...。

私が就職活動していた時期は、新型コロナウイルスがちょうど流行し始めたころで、就活生も採用企業も混乱していました。
他社では採用の延期が決定するほどの大混乱でしたが、櫻井木材では一次面接から1対1の社長面接をセッティングしてもらうなど、いち早く対応してもらったことが印象に残っています。
初めから社長とお話ができたのは櫻井木材だけだったので緊張はありましたが、社会人になるにあたっての心構えを教えていただき、学生だった私にはとても勉強になることばかりでした。
そのほかにも創業100周年に向けた展望や新しく取り組んでいることを聞いて、とてもやりがいのある仕事ができると思い入社を決めました。
まだ1年しか働いていませんが、木材を通してお客様に喜んでいただいたときや、自分の目標を達成した時はとてもうれしいし、やりがいを感じます。

私が考える会社の魅力は職場の雰囲気です。
櫻井木材の先輩社員の方々はとても優しく、入社したてで緊張していた時もたくさんの方が話しかけてくださいました。
仕事について不安なことがあっても「わからないことがあれば聞いてね」と何度も言ってくれるので、懸念点が少しずつ解消されて自信をもって取り組むことができます。
当初は気を使ってあまり質問できませんでしたが、嫌な顔せず答えてくれるので気兼ねなく質問ができるようになりました。
社会人になるにあたって、人間関係はとても不安だと思いますが、櫻井木材では皆さんがとても温かく接してくれるので、その点は気にせずに仕事に集中することができます。


皆さんと櫻井木材グループの一員としてお会いできることを楽しみにしております。

エコキャップ収集はじめました

櫻井木材グループはSDGsの取組に賛同しています。

1月からSDGsの達成に貢献するための取組の一つとして、ペットボトルキャップの回収をはじめました。



ペットボトルキャップを860個集めて回収業者に引き渡すことで、1回のワクチン接種が世界の子どもたちに届けられるという取組です。

小さなことかもしれませんが、「わたしたちにもできること」を合言葉に社内共有することで、社員一人一人が社会貢献について考える機会が増えると思います。


櫻井木材グループは今後も、社会貢献に繋げるために、何が私たちにできるか考え、実行していきます。

「県内一斉ノー残業デー」定時退社に取り組みました

櫻井木材・櫻井木材加工は、「あいちワークライフバランス推進運動2021」に賛同しています。



2021 年11 月17 日は県内一斉ノー残業デーでした。



昨年に引き続きの取組となり、櫻井木材・櫻井木材加工では、事前に社内のグループウェアで定時退社を呼び掛けました。

今回の取組をきっかけとして、定時退社を増やすためにどういった業務効率化を図るか、考える良いきっかけになると思います。


今後も櫻井木材グループは、ワークライフバランスの推進・改善を進めてまいります。

ウッドマスター研修社内発表会を開催しました

先日ウッドマスター研修を受講した社員2名が、学んだ内容を社長含む弊社社員に向けて発信する社内発表会を開催しました。

緊急事態宣言下での実施のため、zoom を使用してのオンライン開催となりました。



今回発表会というアウトプットの場を設けたのは、受講者自身が講師となって学んだ内容の習熟度を図ることを目的としています。
実施してみたところ、発表者は知識の定着・プレゼン演習、聴講者には情報の横展開ができ、発表者・聴講者双方にメリットが大きいと判断できました。


今後も櫻井木材グループは、お客様のお役に立てるよう社内教育により力を注いでまいります。