チリ、ニュージランド、中国、ベトナム、南洋材の木材加工品、合板、梱包材、建築資材を扱う専門商社

株式会社ウッディ

  1. ホーム
  2. さくらめくり ~社活暦~

さくらめくり ~社活歴~ 桜井木材グループの年間活動の歳時記として

就活中の学生に向けてのメッセージ

当グループの3名の入社1年の社員より、就活中の学生に向けたメッセージが届きましたので、ご紹介します。

充実した研修

櫻井木材株式会社 木材部 2017年入社

私は雰囲気がよく、成長意欲の高い会社で働きたいと思い、この会社に入社しました。
社長との面接の際に、緊張も忘れ楽しさを感じられるくらいお話ができたところに雰囲気のよさと、創業100年に向けての熱意に成長意欲を感じました。
入社してからも、上司・先輩のアドバイスや研修を受講させてくれることで、さらに雰囲気の良さと期待感を実感しました。

木材部に配属が決まり、事務研修や現場研修を通して、弊社が扱っている商品がお客様のところでどのように使用されるか、実際にパレットや梱包箱を組み立てて学び、また現場がどのように動いているかを知ることができました。これは営業活動を行っていくうえで重要なことであり、大変勉強になりました。

8月からはお客様を任せてもらえるようになり、サポートをしてくれる上司、先輩のおかげで少しずつですが営業としての知識もついてきました。また自分からこうしたいと提案したときに、頭ごなしに批判するのではなく、助言をくれて自分に任せてくれるのも魅力です。

自由に仕事を進めさせてくれる半面、責任は強く感じますが、それが楽しさでもあります。今はまだ慣れない事も多々あり、失敗もあります。経験を積み、知識を深め、教えていただいたことは身につけて、こいつに任せておけば大丈夫と上司、先輩、お客様から言ってもらえるような一人前の営業マンに1日も早くなることが目標です。

自己実現を可能に

櫻井木材加工株式会社 営業1G 2017年入社

アットホームな雰囲気
よくアットホームな空気と聞きますが、「仕事中は分からないことを気軽に相談できるのはもちろんのこと、仕事の合間、休憩時間などに上司含め皆でくだらないようなことを話して笑い合える」、そんな空気のことを言うのだなと入社して感じました。とても空気の良い会社だと感じています。

専門知識はいらない(知識は入社して覚える)
大学では木材関係を学ぶ学部ではなかったのですが、就職活動を通して木材について興味が湧き、櫻井木材への入社を決意しました。専門知識はあるに越したことはありませんが、日々の実務の中で商材の知識を身につけています。またすぐ近くに商材の実物があるので、見て触って覚えることができる良い環境です。

就職活動中の学生へのメッセージ
自分は就職活動中、木材の利用について興味を持ち、それに携われる仕事をしたいなと思い企業選びをしていました。興味を持った仕事に取り組むほうが「やりがい」があると考えたからです。自分は何がやりたいか、それを実現できる会社なのか、フォローしてもらえる環境なのか?櫻井は社外研修の参加も可能ですし、支援もしてくれる会社です。
そのような環境に惚れて自分は入社を決意しました。

また櫻井木材では現在創業百周年にむけて既存顧客様への提案営業だけでなく、新規営業にも力を入れています。新規営業は専門知識もそうですが「やってやるぞ!」というチャレンジ精神がないとできません。「自分にはチャレンジ精神が旺盛だ」そう思う方は是非櫻井木材へ。

100年企業の一役に

櫻井木材加工株式会社 営業2G 2017年入社

私が就職活動で会社を選ぶ際に一番重要視した事が定年まで働ける安定した会社に入りたいということでした。そんな中でご縁があり、間もなく創業100年を迎える当社の面接を受けました。
社長はいち被面接者である私に仕事、社会人、経営について雄弁に語ってくれました。その中でも「創業100年目を一緒に作ってくれる仲間を募集している」という社長の言葉に感銘を受け、櫻井木材で働きたいと強く思いました。

弊社の一番の魅力は職場の雰囲気の良さだと私は考えます。仕事だけでなく、プライベートの相談にも親身になってくれる先輩方ばかりいるのがとても心強いです。
同期や先輩と仕事終わりに食事に行く機会もあり、部署の壁を越えて、みんなで団結している印象を持っています。

もうすぐ百年を迎える櫻井木材ですが、百年続くのは、今までの諸先輩方のおかげだと思うので、入社したからには更に次の百年を僕たちで引っ張っていきたいです。
営業スタイルも各々の営業マンに委ねられているので、熱意のある人、企画が好きな人は向いていると思います。

私の仕事内容はフローリングを主とした専門工事を行っています。ゼネコン・商社・工務店等、送られてくる工事依頼の見積もりを迅速にこなし、受注になったら現場を完了まで管理します。営業として見積もりをしているときと工務として現場を管理するときで気持ちががらりと変わるのが面白いところです。
自分で受注した現場でトラブルが起き、工期ぎりぎりになってしまったときも現場の監督や職人さんと協力しあい現場が無事完了したときの 達成感は今まで感じたことが無いものでした。

今後の目標は工事の知識を更に深め、お客様の要求を満たすだけでなく、要求以上の提案を行えるようにします。そのために日々のひとつひとつの業務を全力で行います。「櫻井さんの仕事だと安心だね」といわれる営業マンを目指してがんばります。

平成30年4月2日入社式

平成30年4月2日、櫻井木材、櫻井木材加工、ウッディのグループ会社3社の合同入社式を行いました。
今年は新卒2名、中途名の計6名が入社しました。



新メンバーが加わり、櫻井木材グループはさらにパワーアップし、お客様のニーズにお応えしてまいります。これからも熱意のある方の入社を我々はお待ちしています!!

ソフトボール親善試合 2018

2018年3月17日 櫻井木材グループと、当社取引先の名古屋木材倉庫様、天真運輸様の3チームでソフトボール親善試合を行いました。

前日に雨が降ったので心配だったのですが、当日は晴天で地面も問題なく爽やかな環境で開始されました。

当社社長も参加。この後、見事にヒットを打ちました。


和気あいあいとした雰囲気の中、守備に打撃と皆さん大いに楽しんだようです。




チーム一丸で仲間を応援しています。


社員のお子さんも参加し、大いに盛り上がりました。


以下のような結果になりました。スポーツを通して3社の親善を深めることができたのが何よりの成果です。


体を動かしておなかが空いたところで、近くのとんかつ屋で昼食です。試合でのプレーや普段の運動の話などに花を咲かせた後、解散となりました。


山一クラブ

ボウリング大会&食事会 2017

今年も、恒例の櫻井木材グループボウリング大会をラウンドワンにて行いました。8レーンを利用しての開催です。

昨年優勝の女性の始球式でスタートです。
20170908-1.jpg


当社社長の櫻井も参戦です。
20170908-2.jpg


当グループ一番の元気のある若手が大いに盛り上げてくれました。
20170908-3.jpg


ボウリングの後は食事会です。
昨年同様、食べ放題のしゃぶしゃぶを食べながら、ほかの社員との交流を楽しみました。


そしてお楽しみの順位発表。
社長の櫻井から祝福の言葉とともに賞金を授与されます。
20170908-4.jpg


今年入社したばかりの社員がさっそく準優勝でした。すごいですね。
20170908-5.jpg


今年の優勝者です。ハンデ有の女性も大差で突き放す圧倒的な強さでした。
20170908-6.jpg


なお、ブービー賞は幹事の筆者が受賞するという失態を演じてしまいました(笑)
20170908-7.jpg


参加者全員で受賞者を祝福し、盛り上がりながらも和やかな雰囲気で会は終了となりました。


社員旅行2017

櫻井グループ社員で、6月に慰安旅行へ行って来ました。
例年、梅雨時となる6月ですが天気に恵まれ、絶好の旅行日和となりました。
今年の行き先は「富士・山梨方面!」。
バスは「サファリパーク」へ向かいます!


車中での歓談を楽しむ社員たち。

行きのバスから元気一杯! 
普段、中々会うことの少ないグループ社員同士ではありますが、
この日は老若男女の隔てなく、皆、和気藹々と車中の旅を楽しみます。


富士山もくっきりと見えました。

お昼は清水市内の料理屋さんにて、静岡県産和牛を使用したすき焼き膳を食べました。
生シラスやさくらえびなどもあり、流石は港を有する清水。
新鮮な魚介にも舌鼓を打ちます。

お腹も膨れたら、一路「サファリパーク」へ!
サファリパークについたら観光バスのまま、中へと入っていきます・・・


大迫力の像!


この日は暑く、ライオンたちもダウン状態でした。


サファリパークへ行ったことのない社員も多く、
間近に見える動物たちに社員は釘付け。
童心に返って、大いに楽しみました。

そして、その後はホテルへと向かいます。
今回は山梨の方で泊まりました。
富士山ビューのホテルで、
部屋に着いたら壮大な富士山の姿が出迎えてくれました。


弊社社長の櫻井。富士山をバックにニッコリ。

銘銘、部屋で寛いだりお風呂に入ったりと過ごし方はさまざまでしたが、
あっという間に宴会の時間へ・・・




美味しい懐石に思わず皆の表情が綻びます。

楽しい時間はあっというまに過ぎ、名残惜しくもお開きへ。
ただし、元気の有り余る社員も多く、大多数がそのまま2次会へと繰り出していきました(笑)

2日目は世界遺産の「三保の松原」を散策し、


昼食は焼津で新鮮な魚介類を頂きました。

帰りのバスは、皆遊び疲れたのかお休みモード。
行きと違い、静かな帰路となりました・・・

今回は「富士、山梨方面」ということで、海の幸・山の幸を満喫し、
サファリパーク、雄大な富士山が慰安旅行の思い出に華を添えてくれました。

一泊二日の慰安旅行でしたが、グループ社員同士の絆が深まり
大いに盛り上がった2日間となりました。



聳え立つ富士山は、日本一の標高を誇ります。
日本一という響き・・・良いですね。
我々山一クラブも、"社員の楽しさ日本一"といえるようなイベント作りに邁進します。
来年度も様々な行事を予定しておりますので、お楽しみに

山一クラブ